上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
寒波続きの2月ですが・・・今週末はオガサカニューモデルの
試乗会が当スキースクール前で行われました。

この寒さもあってコースは締まったバーン、板が噛み付くほどの
試乗会には最高のコンディション


DVC00113-1_20130224213853.jpg


来期もロッカーは健在で全体的には長め傾向まづは新機種のTCシリーズから



大回り系 TC-LG183 R24.9



DVC00122-1_20130224213945.jpg



男子は188センチだそうですが一般では183センチで充分だと思います。
乗った瞬間一瞬戸惑いましたが
高速ターンでは板のバタつきもなく安定しガンガン行けます。
高速になればなるほど進化が発揮、一発谷周りが決まれば安心してターンに入っていける
高速感は爽快です。
一番最後まで乗っていた一台、プライベートで乗るなら欲しい一台ですね~



中回り系 TC-MG172 R18.8

DVC00058-1_20130224213854.jpg


一番期待してた一台ですが、谷周りでは意外とトップ部が柔らか目でテールとのバランスが今いち
板を踏み込んでいく人にはちょっとコシなし感が・・・
最後まで乗る位置がわからなかった。
個人的には今年のモデルのほうがいいような感じでした。


TC-SG170 R13.7


DVC00094-1.jpg

今年の技術選総滑用としてSGモデルの170センチだそうですが
乗った感じ重い、一般の人にこれで小回りはちょっとキツイなぁ~っていう感じ
まさに選手権用に作られた板ですね。

むしろ小回り専用なら
TRIUN-SL166 R129


DVC00125-1_20130224213947.jpg


のほうが軽快で張りがあり面白みがあると思った。
来年は黄色が流行るそうですよ。



続いてKEO'S MD170 R15.7

DVC00135-1_20130224213855.jpg



私感ですがイチオシです。
トップからテールとクセがなく綺麗に曲がる感じ
踏んでも立てても素直に反応する「板ってやっぱりこうだよね~」と
言いたくなるまさにオールランド派、一日履いていても疲れない
レッスンにはぴったりの一台です。
ただデザインが地味なのが難点


全体的に来期モデルのデザインは暗めですね~



DVC00121-1_20130224213857.jpg

DVC00085-1_20130224231749.jpg



あくまでも個人的な感想ですので・・・

そして現実に戻りいつものレッスン稼働へと頑張るのでした~
いい夢見せてもらいました~



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2013.02.24 / Top↑
Secret

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。