上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ここ最近は立読みばっかりでシーズン中しか買わなくなったスキージャーナルですが
今月3月号のある掲載記事を読んでなかなかいいこと書いていました。



今月は吉岡大輔選手の特集で「外脚荷重で切れを魅せる」





DVC00122-1.jpg



いいですね~~~
ハイスピードのターンでは雪面の圧をしっかり捕らえるならば外足主導・外腕のリードが大事

外足荷重をとるポジションをベースに、内足には荷重する感覚ではなく、
アウトエッジを立てて雪面に噛ませる感覚。
外足主導、内足同調です。



DVC00130-1_20130216212344.jpg




「太ももを立てた高いポジションから荷重していく」



DVC00125-1.jpg


お~~~なかなかいいこと書いてますね~~


吉岡大輔・・・ニセコの滑りですね~~
北海道帰って来ないかな~~


確かに落下運動を意識するあまりハイスピードで内足荷重になり転ぶ人を多く
見るようになり衝突事故や怪我人も多くなった。


同じ掲載で平川氏が言ってる「内足に体重を乗せるべきか否か」
「内脚に多く乗ると外スキーを推進することができません」
やはりベーシックは外足!
内足主導、外足従導?????なんて言ってましたけど本当はやはり
外足ですよね~


自分のモヤモヤ思って気持ちが一気にはれたって感じです。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.02.16 / Top↑
Secret

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。