上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
毎日お寒い日が続いてる今日この頃ですが
二月は日にちが短いせいか慌しい日が続きます。

週末は相変わらずスキーレッスンに行っていますが
この時期はどこのスキー場も雪質は最高、一番面白い時期かもしれませんね~



DVC00048-1_20130207105639.jpg



そんなハイシーズン今年は若者のスキー・ボード客が増えてきて
スキー場は賑わいを取り戻しているように思います。

しかしそれに伴って若者の事故が増えてきています。

シーズンも半ばを過ぎると滑りに慣れてきてより刺激を求めようと軽い気持ちで
立入り禁止区域内に入り、事故を起こすケース。

パトロール隊でも運ぶことができず街のレスキュー隊まで出動するという
とんでもない大事故に繋がります。

私がレッスン中にも説明を聞いていた生徒さんに暴走し突っ込んできたボーダー、
生徒さんはストックが折れヘルメットが外れるほど遠くに飛ばされましたが奇跡的に怪我なく済みました。

またコースの上部でボード板が外れ滑落し、あわや生徒さんに衝突しそうになったケースなどなど・・・
何度もヒヤッとしたことが今年は多いです。

スノースポーツには楽しい魅力の裏には危険も潜んでいます。
一歩間違えば被害者の人生が失われるかもしれないという恐ろしい事も知ってほしいのです。

毎年必ずどこかのスキー場で人身事故が起こり、訴訟が起きているのも事実です。



また最近テレビなど報道で某連盟の指導者のあり方について、社会問題になっています。

レベレルの次元こそ違いはありますが、自分達のスキー指導のなかでも
只当てはまるところがあります。

習う側の技量を考えない一方的な教え、最先端のスキー用語を並べ話すがまったく
相手に伝わっていない指導、自分では気づいていない相手に対しての暴言など・・・


今少しづつスキー客が戻りつつあるなか、習う側に立った指導法
技術だけでなくルールやマナー安全対策をしっかり伝えることもこれからの指導者の
役割りではないでしょうか。




にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
2013.02.07 / Top↑
Secret

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。