上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
皆さん~24日(日)の深夜は何してましたかァ~~??
我家では大変な事になっておりました~

娘が沖縄から帰って来る夜(23日夜~24日朝)は
北海道は低気圧の真っ只中で大雪、暴風で超大荒れでして
交通機関も大混雑になっておりました~

飛行機も次々に欠航され当然娘の乗った便も天候によって羽田に引き返す
条件で飛んだもの千歳上空で順番待ちで旋回を続けたが羽田も春一番の強風、
結局千歳空港に着陸を余儀なくされ3回の着陸でやっと成功し何とか
降りることができました~・・・・・・・が今度はその後が大変
JR、バス、高速道路すべての公共交通機関がストップ!
おまけにホテルも満員状態。

娘から涙声で迎えに来ての連絡。
夜9時に妻と一緒に自宅出ていざ空港へ
進むにつれ交通機関が全てマヒしてる意味がようやくわかった。

猛烈な雪と風が重なって道路の視界はゼロ!
後続の車がいないことを祈って減速で20キロ
幸い直線道路のため何とか何をクリアー
交差点の中に埋もれてる車が何台もあるし
路肩から落ちてひっくり返ってる車もいた
しかも人が乗ってるし、吹き溜まった雪が2メートルぐらいの壁のように
道路をふさいでる。
国道があちこちで寸断されている。
少なくても道中30台以上の事故車、雪に埋もれた放置車を見ました~
自分もいろいろな山に行って経験してるけど
こんな地獄を見たのは初めてでした~
もうこれはまともには生きて帰ってこれないだろうと覚悟を決め
運転していました。

2008.2.24 2

やれやれと思ったのもつかぬま空港のターミナルに着く手前で二台前の車(タクシー)
が雪山に突っ込み立ち往生・・・
すかさず救助に行きましたが車は脱出できそうもないので
とりあえず自分の車をどけないと後続の車が雪で埋まってしまう危険あると思い
行けるとこまで行って道を開けようと思い行きましたが戻ってるくる視界もなく
けっきょく救助でいきませんでした~
でも幸い無線で救助を要請してたのできっと大丈夫であったでしょう~

やっとの思いで空港に着いたのが12時半、娘はうちの車を見て
涙顔で飛び込んできました~安心したのでしょう


死ぬ思いで帰ってきて家に着いたのが3時半を過ぎていました~

結局寝たのが4時半、何事も起きなかったのが不思議のようです。
それから翌朝スキーレッスンがあったので
スキー場へいきました~~
なんとか無事勤めてきました。
レッスンが終わると精神的に肉体的にもクタクタでした~

翌朝新聞やテレビなどでその凄まじい状況が明らかに
なりました~~
なんと我家がいた千歳市には自衛隊が出動したそうです。

>2008.2.24 1


無事娘が帰ってきて何事もなかったのでほんとうに
良かったと思います。

さすが北海道ですね~~
やっぱり北海道にはまだまだ生活に必要な道路が足りないことがわかりました。

それにしても死ぬかと思ったわ~~ほんとうに今無事でいることに感謝したいです。



スポンサーサイト
2008.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yellowdo.blog15.fc2.com/tb.php/311-1a9ab2b2
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。