上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日久しぶりにオフ、天気もまづまづなので急遽かみさんとルスツへフリースキー
に行ってきた。
ここへ来るのは去年の12月以来、やはり予想通り1月2月は来れなかったわね。

暖気が続いたせいかバーンは固め、それでも思いっきり自由に滑れると思うと
ゾクゾク心が弾む。



h27-2-22-3.jpg




この広々した開放感そして自由、何もかも凄く新鮮に感じた。




h27-2-22-4.jpg




久しぶりに長い距離、風を感じてのロングターンは最高~
長い距離でしか自己練習できない課題、色々実験、やっぱりスキーは楽しい。

お昼はホームではなかなかきない光景・・・かみさんとビールで乾杯~~
いやいや~~このまま飲み続けてもいいかな??と思うがかみさんにストップがかかった。
とその後ろの席ではもう既に出来上がって寝てる外国人、絶好調に赤ら顔で
飲んでる人を見ながら我慢我慢。。。




h27-2-22-5.jpg



たまにはフリースキーもいいなぁ~~
そしていい自己練習になったね。




h27-2-22-2.jpg



帰りはまったり温泉に入ってリラックス~~~家に帰ってもつ鍋で一杯
ああああ~~~最高~~~~ううううう!!!




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2015.02.28 / Top↑
またまたしばらく間があいてしまった。
何度か更新しようとキーボード打ってると睡魔に襲われパソコンの前でコックリコックリと
しかも最近夜8時を過ぎるとちょっと急に睡魔に襲われソファーで寝て気が付けば午前様。
最近ちょっと疲れ気味だ・・・いや年かな~??




h27-2-11-1.jpg





週末は相変わらずスキー稼働でのんびりする暇がない。
最近つくづく思うがほんとこの町には何十人といる指導員、いったい何処に行ってるんだろう?
しかも若い奴は殆んど来ないし!

確かに人を教えるというのは非常に責任もあり肉体的神経を使うものだ。
はたから見るほど楽しいものではない。
むしろ地味で一人で好きなように練習し楽しく滑ったほうがはるかに楽しい。
まったく分からなくはないし自分だってたまには何処かのスキー場で息抜きしたいことも
あるが。



h27-1-25-1.jpg



h27-2-1-1.jpg





準指という資格を取りたいばかりに一生懸命スキー場へ通っていざ資格を取ったらまったく
稼働もせず来ない人や準指をとって稼働もせず何年か後には指導員を受ける人にはほんと
理解に苦しむ。
それではスキー指導員という資格の本質的なものが違ってくる。

むしろプライズテストへ進んだほうがよっぽどマシである。
ただネームプレートが欲しいだけの資格マニア?、結局目標達成で燃え尽きてしまい
指導どころか情熱さえも冷めスキーをやめてしまう人もいる。

昨年、妻の認定指導員の検定にバックアップで付き添ったときに合格発表の総評で
道SAH幹部の先生が言っていた言葉を思い出した。
「合格して資格を取ったからと言ってあなたがたはまだ先生じゃありませんよ~」
「あなたの生徒が先生と認めてくれて初めてスキーの先生になるんですよ」と・・・

まさにそのとおり。

今シーズンは子供達や外国人の生徒が急増している。
まさにスキー人口の底辺が増えようとしているビッグチャンスの中、指導者の資質が崩壊してきて
いるような気がしてならない。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村



2015.02.23 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。