上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2月もあっというまに終わりですね~

最近子供のスキーレッスンをしていてふと思うことがあります。


「この子達は本当にスキーを楽しんでいるのだろうか?」

もちろんスキー学校に入って習うのだから上達しなければいけないし
教える側も技術的なこを伝えないといけない

子供達も自ずとそれなりにやらなければいけないと思い黙々とこなす。
そして最後に親が来て「先生どうですか~?検定受かりますかねぇ・・・」
などよくある話を耳にします。




DVC00222-1_20120220143718[1]




私がリフトに一緒に乗った時よく質問することあります。
「普段他に何か習ってるの?」と聞くと対外の子は3~5種類ぐらいの習事を
やってる答えます。
習い事や試験に忙しいので友達とあまり遊ぶ時間がないとも言いますし
スキーレッスンが終わったら夜は塾に行く子もいます。


私の子供のころをと考えると当時は札幌オリンピックが開催されていて
よく友達と近所の山に行ってジャンプ台を作ったりソリて遊んだ記憶があります。

当時は本格的なスキー道具なんておぼっちゃま君しか親に買ってもらえず、殆んどの子供が
長靴で滑るスキーや竹スキー(今のミニスキーなもの)でした。
そしてその竹が割れて細くなっても上手に滑れる子がヒーローでした~

その後にもっと程度が良くなり単板のスキー(エッジは付いていない)
など板を履いて滑っていました。
エッジなしの単板の板で初めてスキー場に行って、リフトに乗るアプローチを上がれなかったり
持合せのお金がなく何度も担いで登ったりと子供心にも随分悔しい思いをしました。

スキー場へ行くのにも親から借りた床を引きずるような大きなリックを背負って
乗り継ぎのバスを何時間もかけて行った記憶もあります~

けして満足のいく環境じゃなかったけれどもそれでも楽しかったのです。

まさに遊びで自分の遊びの中にはスキーがあり、その楽しい雪遊びの中から
色々学び大人になり気がついたら指導員になっていた。
私が今日こうやって細~く長~くやり続けていられるのは子供ころスキーを通して
工夫して遊んだり学んだりその思いが大人になった今でも変わらないのが大きな理由かもしれません。

1級や準指というネームにとらわれ達成感だけで満足しその後スキーを止める人
技術志向ばかり強く高価な道具を買ってただ満足する人・・・
スキー本来の雪山を楽しむことができてないスキーヤーがいます。

話は戻って「この子達は本当にスキーを楽しんでいるんだろうか?」・・・
「自分はスキーの楽しさを本当に教えているんだろうか」ふと最近思う日があります。

技術的なことも大事ですが雪山の楽しさをスキーを通してもっと知ってほしいのです。
私の子供のころと時代は違いますが,あの壮大な大自然の魅力を肌で感じてほしいのです。

そしてそれを次世代に伝えていって欲しいものです。

しかし結局それはスキー関係者の役目責任だと思う毎日なのです。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
2013.02.28 / Top↑
寒波続きの2月ですが・・・今週末はオガサカニューモデルの
試乗会が当スキースクール前で行われました。

この寒さもあってコースは締まったバーン、板が噛み付くほどの
試乗会には最高のコンディション


DVC00113-1_20130224213853.jpg


来期もロッカーは健在で全体的には長め傾向まづは新機種のTCシリーズから



大回り系 TC-LG183 R24.9



DVC00122-1_20130224213945.jpg



男子は188センチだそうですが一般では183センチで充分だと思います。
乗った瞬間一瞬戸惑いましたが
高速ターンでは板のバタつきもなく安定しガンガン行けます。
高速になればなるほど進化が発揮、一発谷周りが決まれば安心してターンに入っていける
高速感は爽快です。
一番最後まで乗っていた一台、プライベートで乗るなら欲しい一台ですね~



中回り系 TC-MG172 R18.8

DVC00058-1_20130224213854.jpg


一番期待してた一台ですが、谷周りでは意外とトップ部が柔らか目でテールとのバランスが今いち
板を踏み込んでいく人にはちょっとコシなし感が・・・
最後まで乗る位置がわからなかった。
個人的には今年のモデルのほうがいいような感じでした。


TC-SG170 R13.7


DVC00094-1.jpg

今年の技術選総滑用としてSGモデルの170センチだそうですが
乗った感じ重い、一般の人にこれで小回りはちょっとキツイなぁ~っていう感じ
まさに選手権用に作られた板ですね。

むしろ小回り専用なら
TRIUN-SL166 R129


DVC00125-1_20130224213947.jpg


のほうが軽快で張りがあり面白みがあると思った。
来年は黄色が流行るそうですよ。



続いてKEO'S MD170 R15.7

DVC00135-1_20130224213855.jpg



私感ですがイチオシです。
トップからテールとクセがなく綺麗に曲がる感じ
踏んでも立てても素直に反応する「板ってやっぱりこうだよね~」と
言いたくなるまさにオールランド派、一日履いていても疲れない
レッスンにはぴったりの一台です。
ただデザインが地味なのが難点


全体的に来期モデルのデザインは暗めですね~



DVC00121-1_20130224213857.jpg

DVC00085-1_20130224231749.jpg



あくまでも個人的な感想ですので・・・

そして現実に戻りいつものレッスン稼働へと頑張るのでした~
いい夢見せてもらいました~



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村





2013.02.24 / Top↑
ここ最近は立読みばっかりでシーズン中しか買わなくなったスキージャーナルですが
今月3月号のある掲載記事を読んでなかなかいいこと書いていました。



今月は吉岡大輔選手の特集で「外脚荷重で切れを魅せる」





DVC00122-1.jpg



いいですね~~~
ハイスピードのターンでは雪面の圧をしっかり捕らえるならば外足主導・外腕のリードが大事

外足荷重をとるポジションをベースに、内足には荷重する感覚ではなく、
アウトエッジを立てて雪面に噛ませる感覚。
外足主導、内足同調です。



DVC00130-1_20130216212344.jpg




「太ももを立てた高いポジションから荷重していく」



DVC00125-1.jpg


お~~~なかなかいいこと書いてますね~~


吉岡大輔・・・ニセコの滑りですね~~
北海道帰って来ないかな~~


確かに落下運動を意識するあまりハイスピードで内足荷重になり転ぶ人を多く
見るようになり衝突事故や怪我人も多くなった。


同じ掲載で平川氏が言ってる「内足に体重を乗せるべきか否か」
「内脚に多く乗ると外スキーを推進することができません」
やはりベーシックは外足!
内足主導、外足従導?????なんて言ってましたけど本当はやはり
外足ですよね~


自分のモヤモヤ思って気持ちが一気にはれたって感じです。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2013.02.16 / Top↑
連休最終日はいつもホームでスキーレッスンです。
ここ最近疲労が蓄積されていますが、何とか頑張りますか~




DVC00096-1_20130212110825.jpg




ルスツでの外国人が多い影響はうちのホームにも余波がきてるようで
今回のレッスンは外国人を担当、初めてスキーするとういう5人組み
久しぶりの外国人レッスンとあって気合も入り、薄着に着替えての肉体労働レッスンに
いざ出動です。(笑)




DVC00090-1_20130214152614.jpg



スキー用語ってもともとドイツ・フランス語からきてるので
ボーゲンやパラレル・・・何って言っても通じません~
と言うのは十分分かってるんですがそれに代わる英語の単語がなかなか出てこない~~

それでもまぁ~片言英語でも何とか通じ・・・通じたのかわからないが取り合えずうなずいていた!
真剣に取組んでくれたおかげで最後は初級コースを滑れるようなり、
面白い~~楽しいと喜んでくれました~終わり良ければ全てよしか!

これって何となくスキー修学旅行のレッスンと似てるね~

それにしても昨日今日で早くも外国人のレッスンとは・・・いやはや~~
英語でのスキー指導・・・もっと勉強しなくては。。

今後SAJでも英語の指導方法をもっと取り上げてほしいものですね。




にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村




2013.02.14 / Top↑
連休は家族でルスツへ一泊スキーへ行ってきました~

自分は研修会で泊まってるのですが、家族皆で泊まるのは20年ぶりでしょうか
実は去年から子供達がかみさんのバースデイにと着々と計画してて、遂にそれが実現
今回は完全に家族でスキーを楽しみました。

駐車場に着くとすでに満車状態、ぐるぐる探していると係員が来てくれて
雪の積もってるスペースを除雪してくれて難なく駐車、荷物全部
フロントまで運びますと。お~~~なんというVIPサービス
研修会のときとはえらい違う待遇にちょっとビツクリ!

そして気持ちよくゲレンデへ


IMG_2349-1.jpg



天気は曇り時々雪でしたが何と言ってもコースはフカフカのパウダー


IMG_2356-1.jpg


こんな贅沢な日はないというほどパウダーを満喫しました。


それにしてもルスツも随分国際色豊かになりましたね~
パウダー滑るところ外国人多く、お互いグッドなアイコンタクトとったりして楽しかったです。



ホテルへ入って夕食です。
ここも外国人が多く様々な言葉が聞こえてきてまるで日本じゃないような感覚さえ思いました。


DVC00088-1_20130212110753.jpg



昼もビール、夜もビール・・・ちょっとヤバイですね~~



DVC00049-1-1.jpg



ルスツのバイキングは美味しいのでゆっくり2時間たっぷり頂きました~

さてホテル内を探索しているとこんなことやってました~


弾き語りライブ
ちょっとお酒を飲みながら癒されますね~~~


DVC00087-1_20130212110800.jpg



イルミネーションも綺麗です。

1-1_20130212224221.jpg




昔子供達が小さかったころこれによく乗せ帰りたくないって何回もグルグル回って乗ってったけ・・・


DVC00078-1_20130212110756.jpg



二日目 天気は快晴
最高のスキー日和です。


IMG_2336-1.jpg



今日は昨日と打って変わって綺麗に整地されたクリーミィーなバーン


ロングターンで風を感じ一気に滑り降ります~最高です。



IMG_2347-1.jpg

IMG_2341-1.jpg



IMG_2332-1.jpg


子供達が小さい時は半強制的にいやいややらせていましたが今では自達から
積極的に習う気持ちになり父親としては嬉しい限りです。


今回のパウダー・・・やっぱり北海道の雪は最高と改めて
実感しました~
あ~~また行きたいなぁ~~


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


2013.02.13 / Top↑
毎日お寒い日が続いてる今日この頃ですが
二月は日にちが短いせいか慌しい日が続きます。

週末は相変わらずスキーレッスンに行っていますが
この時期はどこのスキー場も雪質は最高、一番面白い時期かもしれませんね~



DVC00048-1_20130207105639.jpg



そんなハイシーズン今年は若者のスキー・ボード客が増えてきて
スキー場は賑わいを取り戻しているように思います。

しかしそれに伴って若者の事故が増えてきています。

シーズンも半ばを過ぎると滑りに慣れてきてより刺激を求めようと軽い気持ちで
立入り禁止区域内に入り、事故を起こすケース。

パトロール隊でも運ぶことができず街のレスキュー隊まで出動するという
とんでもない大事故に繋がります。

私がレッスン中にも説明を聞いていた生徒さんに暴走し突っ込んできたボーダー、
生徒さんはストックが折れヘルメットが外れるほど遠くに飛ばされましたが奇跡的に怪我なく済みました。

またコースの上部でボード板が外れ滑落し、あわや生徒さんに衝突しそうになったケースなどなど・・・
何度もヒヤッとしたことが今年は多いです。

スノースポーツには楽しい魅力の裏には危険も潜んでいます。
一歩間違えば被害者の人生が失われるかもしれないという恐ろしい事も知ってほしいのです。

毎年必ずどこかのスキー場で人身事故が起こり、訴訟が起きているのも事実です。



また最近テレビなど報道で某連盟の指導者のあり方について、社会問題になっています。

レベレルの次元こそ違いはありますが、自分達のスキー指導のなかでも
只当てはまるところがあります。

習う側の技量を考えない一方的な教え、最先端のスキー用語を並べ話すがまったく
相手に伝わっていない指導、自分では気づいていない相手に対しての暴言など・・・


今少しづつスキー客が戻りつつあるなか、習う側に立った指導法
技術だけでなくルールやマナー安全対策をしっかり伝えることもこれからの指導者の
役割りではないでしょうか。




にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村







2013.02.07 / Top↑
釣り好きの方ならもうすでに入手ご存知の事と思いますが
ちらっと目に入ったので今年のニューカタログ頂いてきました。


さてさて今年は何があるのかな???

どれどれ~~~




DVC00087-1_20130201161407.jpg



ん~~~~ロッドは??・・・特に両社変わりはないなぁ~

ではリールは・・・・

[ シマノ  ]
サーフリーダーCI4+  定価24,000円

DVC00088-1.jpg


この値段でベアリング5個いいですね~
ん~~なかなかお手頃だと思うんですけど・・・
でもこのモデルの位置付けってどうなんだろうか?
スウィングキャストはどうなるの?
今後継続していくモデルなんでしょうかね?と疑問も。

私が今回注目したいのがパワーエアロスピンパワー
ドラッグ機能機種では最軽量化されたそうで、自分達の釣りスタイルを考えれば
ぜひ欲しい一台です。



[ ダイワ ]
トーナメントサーフZ45    定価95,000円


DVC00090-1_20130201161405.jpg



憧れのZ45・・・しかし何でこんなにお高いんでしょうかね~絶対無理ですね!

ダイワのリールもう少し色々種類があってもいいと思うんですがね・・・



とまぁ~~両社ニューモデルはリールが少々のようでした~

どれも見るだけですがねぇ~こんなの見てると釣り行きたくなってきました~




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村




2013.02.02 / Top↑
今日から2月ですね~早いです。
スキーシーズンもあと2ヶ月あまりですが・・・

最近道内のスキー場をテレビやラジオで取上げてくれることが多く
また関係者の努力もあって、少しづつですが客が増えてきてるようです。

静かなスキー・スノボーブーム到来かな・・・

さて昨日は妻をナイターへレッスンに行ってきました~



DVC00051-1_20130201132821.jpg




室蘭高原だんぱらスキー場

ここは何年振りだろうか? コースは相変わらずの緩斜面・ショートコース
それでもジュニアレーシングや仕事帰りちょっとひと滑りなんて人も多く結構
賑わっていました。





DVC00010-1_20130201132539.jpg




今日はかみさんのレッスン
バーンは硬くアイスバーン・・・
レッスンテーマは低速でいかに重心をスムーズに落下していくか?
ん~~~難しいですね。。




DVC00021-1_20130201132540.jpg



ここに来ると思い出します。
20年前準指を目指してナイター練習したときのこと。
終了まで滑って滑って練習しましたね~必死だったなぁ~


DVC00078-1_20130201132537.jpg


帰り道娘達と待合わせして居酒屋へ寄ってきました
熱燗とやき鳥・・・
あ~~体暖まります~~ね~~最高です。



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


2013.02.01 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。