上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ドゥが旅たって10日が過ぎた。

先日、私の親も来てもらい初七日法要しました。


あの4月4日以来時間が止まってるようで
何をするのにも気力が入りません。




寿命と言えば そうだなと思うし・・・
ドゥは幸せだったと思うと そうも思うし・・・




でもやっぱり体の温もり、肌触り、匂いが恋しくて会いたい気持ちも強く沸いてきて・・・

と夫婦で話する毎日です。



これがいわゆるペットロスなんでしょうね・・・

子供達も淋しそうでドゥの事に関しては触れないように

してるみたいです。

我が家は火が消えたみたいにしんとしています。



妻も毎日お菓子やら線香をあげ、ドゥの骨箱の前で話をする毎日です。

最近になってドゥのいない淋しさをひしひしと感じてるみたいです。

でもやはり一番重症なのが私のようですね。





常に私の側にいないとだめな犬でしたから家の中では私が食事してるときも
トイレに行ってもお風呂に入っていてもドアの前で伏せして待っていました。

テレビを見ていても「僕を見て」とその視界の間に入ってくるほど
ストーカーみたいな犬でした。





IMG_3067-1s_20110414162800.jpg






家にはまだまだドゥの生活の跡があり、着ていた服、いつも座っていた床に毛や擦傷など

それを見ると辛いです。


仕事から帰ってきたとき嬉しさいっぱい尻尾振って出迎えてくれた

ドゥの姿はもうありません・・・

そんなとき何とも言えない強烈な淋しさを感じます。





12年間ドゥとの生活の歴史はそう簡単にリセットすることはできないですね。

この思いが解け離れるのにはしばらくの時間が必要なんでしょうか

何かいい特効薬でもあればいいんですけどね・・・








気がつくともう4月も半ばですね~

春の陽気が急ピッチ近づいてきてます。


すっかり雪も溶けスキーシーズンも何時しか終わってしまいました。

これからは釣りシーズンかな?

そんな中嬉しい話題もありました。

次女が4月から新社会人としてスタート

自動車免許もあと本学科試験を残すだけであと一歩のところまできています。

娘二人とも自宅から通勤できる範囲に落ちついてほっとしてるところです。

その分、駐車場を四台分を確保するため先月から工事を進めていて

先日やっと終わったところです。




娘達もドゥとの別れに立会い何かが変わったような感じがします。

少し優しく大人になったように思います。




被災地では大変な苦労して必死で生きようとっしてる中で

私のこの辛い思いはまだまだ良いほうですね。

少しでも前向きに頑張りたいと思っています。






スポンサーサイト
2011.04.14 / Top↑
ドゥが死んでから3日が経ちました。

火葬場に連れていき最後を送り出しました。

帰って来たドゥのお骨の周りには皆さん方から頂いた花でいっぱいです。



IMG_0600-1.jpg




本当にありがたく嬉しく思っています。

ドゥは幸せな犬だと思います。

そしてドゥが誰にでも優しく接した奴の存在が大きくも感じました。





IMG_0602-1.jpg





息を引取る5時間は本当に想像を絶する痛みと苦しみがドゥを襲い

見ていられないほど私達も辛い思いをしました。

それでも必死に生きようとするドゥの姿は我々に強烈なメッセージを

残していったように思います。

亡くなる数分前に顔を持ち上げ、あのよでまた一緒になろうなと

男同士の約束しました。





いいオヤジが早くもペットロスになっています。。。




何気ない動作の中ではっと気づき、ドゥの落ちていた毛を見ては

思いが強く沸いてきます。

まあそれも仕方ないことだと思っています。~何処に行っても一緒
ストーカーみたいな奴でしたから・・・・

奴の辛抱強さ、私のやること全てを受け入れてくれた優しさ

でもちょっと甘えん坊が可愛くて

会いたいなァ~~お帰り~~と夢の中で会えないかな。





沢山のお花、お悔やみ言葉、メール、書き込み

ありがとうございました~

皆さん方の温かい心遣い本当にありがとうございます。













2011.04.06 / Top↑




昨夜からドゥの容態が急変し深夜12時40分 家族が見守る中で

ドゥは旅立っていきました。






IMG_0526-1.jpg





亡くなる前まで可愛そうなぐらい苦しんで安楽死も考えるほど

私も辛い思いで見届けました。



ドゥは大粒の涙をたらして「ありがとうとでも言ったのか、まだ家族と
一緒にいたい気落ちの涙なのか・・・」そして最後は安らかに息を引取ったのが
せめてもの救いでした。






これから火葬場に行ってきます。




外はドゥの旅たちに合わせたかのように快晴です。




IMG_0549-1.jpg




2011.04.04 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。